ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > 10月17日から7県で「MANG MOOMカード」利用可能

  • ニュース

10月17日から7県で「MANG MOOMカード」利用可能

photo

 タイの中央会計局は、10月17日からタイ7県で「MANG MOOMカード(公共交通機関共通ICカード)」を、受け取れる用意をした。

以下7県。

-バンコク

-ノンタブリー (  Nonthaburi Province )

-パトゥムターニー ( Pathum Thani Province )

-アユタヤ ( Ayutthaya Province )

-サムットプラーカーン ( Samut Prakan Province  )

-ナコンパトム ( Nakhon Pathom Province )

-サムットサーコーン ( Samut Sakhon Province )

カード所有者は 2017年10月17日以降に、IDカードで申請し登録所で手続ができる。中央会計局では、関係機関と協力して導入に当たっての試験を実施した。今年10月10日に実施した試験では、配置された通常のバス改札で、カードリーダーは正確に動作確認ができた。

MANG MOOMカード所有者は、2017年11月1日からバス乗車の際に使用することができる。電車(BTS、MRT、エアポートリンク)での使用は現在システム整備中で、2018年の中旬に導入予定。MANG MOOMカードを利用した場合、鉄道、路線バス、長距離バスでは1ヶ月につき500バーツの割引が与えられることがある。(ソース記事