ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > 【タイと日本の気になる数字 – 高齢化率】

  • ニュース

【タイと日本の気になる数字 – 高齢化率】

photo

 世界銀行の2016年の統計によると、194ヶ国中日本の高齢化率は26.8%で世界1位タイの高齢化率は10.9%で62位だ。トップ10ヶ国を見ると日本以外はヨーロッパが占めており、イタリア、ギリシャ、ドイツなどが日本に続く。(参照元はこちら

WHOの定義では、高齢化率は、総人口に占める65歳以上の高齢者が占める割合で、その値が7%以上で「高齢化社会」、14%以上で「高齢社会」、21%以上で「超高齢社会」とされる。

日本が超高齢社会であることは周知の事実であるが、タイもすでに高齢化社会に入っているASEAN諸国で見ても、2015年時点ではシンガポールとタイがすでに高齢化社会となっており、他8ヶ国は軒並み4-6%とこの2か国に比べると低い。

タイにおいては2030年には19%、2050年には30%を突破し、超高齢化社会に突入していくと予想されている。さらに少子化も進んでおり、先進国と同じく少子高齢化社会での社会保障制度の整備が急がれる


こちらの記事も読まれています

  【タイと日本の気になる数字 - 失業率】

  KANIGEN (THAILAND) CO.,LTD. 日本初の無電解ニッケルめっき企業。新市場開拓で産業の基礎を支える

  【タイ 人材・採用コラム Vol.19 Jobsugoi.com 尾崎将範】社内で抱える問題を解決する、一石二鳥の方法とは?

より強固な貿易関係を確認 - タイ日貿易額1,000億ドル目指す/a>

   AJIS (Thailand) Co.,Ltd. タイの商標制度について その2【タイの知的財産権コラム第5回】  


週間ランキング

1    大気汚染PM2.5、標準値を上回る

2    タクシー事業の抜本的改革 - 配車アプリ「 TAXI OK 」サービス開始

3   タイ、空港混雑解決へ動き出す