ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > Nestléがタイにコーヒースタンド「ネスカフェハブ」を初出店。

  • ニュース

Nestléがタイにコーヒースタンド「ネスカフェハブ」を初出店。

photo

この3〜4年でタイでは「挽きたてコーヒー」の需要がローカルカフェから大型チェーン店まで一気に高まって来た。それを裏付けるように、焙煎珈琲市場の市場価値が2017年に約170億バーツ(566億1000万円1バーツ=3.33円2018年7月5日現在)まで昇り、今後も伸びると予想されている。

食品・飲料業界大手のNestléでさえ「ネスカフェ」の新しい商品開発や改良を重ねたが焙煎珈琲市場にさざ波を立てるのは難しかった。その中で、ネスカフェは新たに焙煎珈琲市場に風穴を開けるために、タイのBTSチットロム駅にコーヒースタンド「ネスカフェハブ」1号店を新たにオープンした。

Nestlé(タイ)のコーヒー&クリーム部門の総指揮をとるウラジスラフ・アンドレーエフ氏によると「ネスカフェハブは、Nestléにとって新しい挑戦であり、BTSを利用するコーヒー好きの方たちをひきつけるハブにしていきたい」と述べ、目標として1日約1万5000人が行き交うチットロム駅1日300杯の売り上げを目指すとのことだ。またネスカフェハブの内装などのアイデアは日本の原宿にある「ネスカフェ 原宿」をもとにしている。



Cr:http://www.moneychannel.co.th/news

Pic Cr : http://bit.ly/2KM22QH

こちらの記事も読まれています

     タイ、キッチンオブザワールドで世界の主要食糧輸出国を目指す

     DHL,タイ国営郵政との提携で新サービスを開始。越境EC促進に期待

     タイ、米の輸出量世界NO1!今年の目標輸出量1000万トンに

    DHL,初心者でも投資が簡単に!タイ初の自動投資アプリケーション「Odini」をお披露目

     【タイ人材・採用コラム Vol.27 Jobsugoi.com 尾崎将範】「日本語通訳人材採用の課題」  

  

週間ランキング

1    タイバンコクBTSが相次ぐ故障。その原因とは?

2    米国務省「人身売買報告書」発表 タイは第二段階へ格上げ

3    タイ、パイナップル農家がパイナップルを無料提供。その理由とは?