ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > 大量輸送公社、経営赤字でバス運賃値上げか

  • ニュース

大量輸送公社、経営赤字でバス運賃値上げか

photo

 今月19日、バンコク大量輸送公社(BMTA)は国営企業政策委員会事務所にバス運賃料金の2バーツ値上げを求める回復計画案を提出する。今回の値上げは貧困層に影響を与えないと主張する一方、現在の運賃料金は6.5バーツであるため、値上げ案が施行されれば30%値上げされることになる。

また、バンコク大量輸送公社の回復計画に沿って、3-5年の間にエアコンバス(黄色とオレンジのバス)の料金を13-25バーツまで値上げする予定だ。バンコク大衆輸送公社組合は、経営赤字を解決にあたり、運賃の値上げが唯一の方法であるという結論に至った。今回の回復計画案は国営企業政策委員会事務所を通し、その後内閣からの承認の可否を待つという流れだ。

▼関連記事▼

バンコク大量輸送公社はSCN-CHOグループによる489台CNGバス入札を承認 ( 12/21)

 

 Cr:Cr : http://www.isnhotnews.com/

Pic Cr :http://www.isnhotnews.com/news/10016108

こちらの記事も読まれています

  経済連携政策を更に強化、EPA締結国との貿易拡大を進める

  KANIGEN (THAILAND) CO.,LTD. 日本初の無電解ニッケルめっき企業。新市場開拓で産業の基礎を支える

  【タイ 人材・採用コラム Vol.17 Jobsugoi.com 尾崎将範 】 人材教育の過程で起こる問題の解決策

タイ中央銀行と財務省はビットコインリスクへ注意喚起

  AJIS (Thailand) Co.,Ltd. タイでも始まった棚卸代行サービス。小売業の更なる活性化を担う  


週間ランキング

1    タイ国政府観光庁は7つの支援で、55県の観光客を呼び込む

2    タイの商標制度について その2【タイの知的財産権コラム第5回】

3   タイ国運輸省、「高速鉄道プロジェクト」に1000億バーツ新規投