ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > タイ、外国人労働者の雇用を20%に制限。中小企業に影響

  • ニュース

タイ、外国人労働者の雇用を20%に制限。中小企業に影響

photo

 4月の国会立法議会で、1企業あたり雇用出来る外国人労働者は全体の20%に制限するという法案が採択された。7月1日から施行となる。

この法案の施行によって、ロボットや自動操縦化への投資を行っている大企業への影響は少ないであろう。しかし、その一方で中小企業にとって深刻な障壁になることが予想されている。タイ工業連盟(FTI)のスパン議長によると、タイ国内では何年も前から人手不足が起きている。特に肉体労働を必要とする中小企業は、外国人の出稼ぎ労働者に頼らずを得ない状況だ。それにも関わらず、今回の外国人労働者の人数を制限する法案が施行されたことは中小企業にとって深刻な問題である。

また、タイのレストラン協会(TRA)のタニワン・コンモンコン会長は、外国人労働者が半数以上を占めている全国数千軒のレストランに被害を与えるであろうと述べた。レストランと同様に、今回の雇用制限で経営悪化する企業サービスの低下する企業が続出することが予想される。


 

Cr : http://www.isnhotnews.com/

Pic Cr :http://www.isnhotnews.com/news/14056102


こちらの記事も読まれています

     石油国際価格上昇、タイにも影響

     タイ長者番付、CP創業一族が4年連続トップ1位

     タイNBTC、今年の8月4日に1800MHz電波入札実施へ

    タイ、タクシー初乗り運賃を40バーツに値上げ

     【タイ人材・採用コラム Vol.25 Jobsugoi.com 尾崎将範】「従業員教育プランの作り方②」  

  

週間ランキング

1    タイ、グリーンライン導入でBTSの混雑緩和に期待

2    タイ、ウタパオ国際空港と3つの都市を結ぶバス路線の運行を開始.

3    タイ、豚肉価格上昇