ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > 今年のタイ米輸出減少と予想 - 最大の要因はバーツ高

  • ニュース

今年のタイ米輸出減少と予想 - 最大の要因はバーツ高

photo

 タイ米輸出協会(TREA)は、2018年のタイ米の輸出量が950万トン、輸出額は1,370億バーツで、前年に比べ減少するとの予想を発表した。2017年のタイ米の輸出量は1,160万トン、輸出額が1,745億バーツで、米の輸出額における世界ランキングでは2位にランクインし、インドが1位となった。

輸出量減少と予想される最も大きな要因は、バーツ高の進行だ。タイ米の輸出価格が競争国よりも高く、2018年1月にはタイ米の価格は12ドル上昇した。さらに、輸入国で人気の品種が不足していることや、輸入国が国内生産を向上させるため、ブロック経済の施策を施行したことも、要因と考えられている。


 Cr:http://www.js100.com/en/site/home/index

Pic Cr :http://www.js100.com/en/site/news/view/51565


こちらの記事も読まれています

  12月の産業信頼感指数、89.1で35ヶ月ぶりの最高値

  KANIGEN (THAILAND) CO.,LTD. 日本初の無電解ニッケルめっき企業。新市場開拓で産業の基礎を支える

  【タイ 人材・採用コラム Vol.19 Jobsugoi.com 尾崎将範】社内で抱える問題を解決する、一石二鳥の方法とは?

大気汚染PM2.5、標準値を上回る

  タイの著作権法について【タイの知的財産権コラム 第6回(最終回)】  


週間ランキング

1    MRTAオレンジラインの建設に伴い、今月24日までラムカムヘン通り通行止め

2    【タイと日本の気になる数字 – 高齢化率】

3    薬物ネットワーク撲滅へ