ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > タイ、2月消費者信頼感指数7ヶ月ぶりに低下

  • ニュース

タイ、2月消費者信頼感指数7ヶ月ぶりに低下

photo

 タイ商工会議所大学(UTCC)の経済ビジネス予測センター(CEBF)によると、2018年2月の消費者信頼感指数が、2018年1月の80.0ポイントから79.3ポイントへ7か月ぶりに低下した。また経済信頼感指数は67.0ポイントから66.1ポイントに低下となった。

マイナス要因としては、タイの選挙延期による政治への不安や、以前として安価での農作物取引が行われていること、タイバーツの上昇があげられる。

一方で、2017年第4四半期(9月 - 11月)のタイ国内総生産(GDP)は4.0%拡大し、通年の経済成長率は予想通り3.9%成長となった。金融政策委員会による金利政策の維持や、タイの1月の輸出額が過去62ヶ月で最高になったこと、ガソリン小売価格の低下、4月1日より最低賃金の引き上げがあることなどから、タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)は、2018年GDPの3.6 - 4.6%の拡大を予想している。


 Cr:http://www.moneychannel.co.th/news

Pic Cr :http://www.moneychannel.co.th/news_detail/21232


こちらの記事も読まれています

     【タイ 人材・採用コラム Vol.22 Jobsugoi.com 尾崎将範】「ボーナス直後のスタッフの離職を防ぐ方法とは?」

     タイ財務省、均衡予算編成準備

     タイ工業省・タイ商工会議所・JETRO、地元企業製品開発をサポート

    タイ、海産物のハブ目指してIUU漁業への取り締まり強化

      タイの著作権法について【タイの知的財産権コラム 第6回(最終回)】  

  

週間ランキング

1    タイ正月「ソンクラーン」5連休決定、経済活動と観光促進目的

2    タイ中央銀行、4月6日ラマ10世の新札発行

3    世界長者番付、ビバレッジ創業者タイ国内で首位に