ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > タイから電柱が消える?電線が地中に

  • ニュース

タイから電柱が消える?電線が地中に

photo

 タイ都市電力庁(MEA)によると、現在、電線を地中に埋め電柱をなくす計画を、パホンヨーティン通り、パヤタイ通り、 スクンビット通り(総距離23キロ)で実施しており、すでにピサヌローク通り(パニチャヤカン交差点-ヨマラート交差点)とシーアユタヤ通り(パヤタイ交差点~モーレン交差点) で工事が完了したことを発表した。また、ラーマ1世通り(パトゥムワン交差点-カサットスック橋、総距離1.5キロ) とラチャプラロップ通り(プラトゥナーム交差点-鉄路、総距離0.6キロ)の2路線では、工事進捗は約95%となっており、今年中に工事が完了する予定。

この地中に電線を埋める計画は、暴風で生じる電線への被害を防ぎ、電気システムの安定性を向上するため。さらに、 電線による環境被害や景観の破壊といった問題の解決も見込まれる。

この計画の地域総距離は214.6キロで、 2021年までに工事完了の予定。現在、43.5キロ(総距離の20.3%)が完了した。撤去された電柱はタイ政府と海軍に提供され、沿岸侵略を防ぐために再利用される。2023年までに1万5,000本の電柱が提供される予定。 


 Cr: http://www.js100.com/en/site/home/index

Pic Cr : http://www.js100.com/en/site/news/view/54164


こちらの記事も読まれています

      【タイ人材・採用コラム Vol.26 Jobsugoi.com 尾崎将範】「従業員教育プランの評価方法」

     タイのジュエリーの品質保証をする「Buy With Confidence」プロジェクト開始

     タイ正月「ソンクラーン」期間、公共交通機関の利用者数は前年比8.12%減の予想

    タイ正月「ソンクラーン」期間の延長、内閣に正式に承認される

     【タイ人材・採用コラム Vol.25 Jobsugoi.com 尾崎将範】「従業員教育プランの作り方②」  

  

週間ランキング

1    タイ正月「ソンクラーン」期間の延長、内閣に正式に承認される

2    タイ・ピピ島にある「マヤベイ」2018年6月ー9月の4カ月間立ち入り禁止に

3    タイ格安航空会社「ノックエア」遅延防止のため時刻表改正へ