ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > タイ文化を堪能!「ソンクラーン」に民族衣装イベント開催

  • ニュース

タイ文化を堪能!「ソンクラーン」に民族衣装イベント開催

photo

 タイ国政府観光庁(TAT)によると、タイ正月の水かけ祭り「ソンクラーン」を迎えるにあたって、「Amazing Songkran 2018」イベントを開催する。TATは、タイ観光の成長を後押しし観光収入の拡大をはかるため、イベントでタイのユニークで伝統的な生活スタイルを披露することを発表した。タイ正月には、家族で過ごすため里帰りするタイ人が多いため、このイベントはタイ全国各地で開催されるが、規模の大きいイベントは5県のみでの開催となっている。開催される5県は、カーラシン県、カムペーンペット県、チャンタブリー県、ナコーンシータンマラート県、シンブリー県。さらに、この他にも「民族衣装で水をかけよう」というイベントも開催される。

タイ国立発展行政大学院は民族衣装にまつわるアンケート調査を行った。4月4日から5日に1250人に行ったアンケート調査によると、「タイの伝統服を着てソンクラーンに参加する」というアイディアに対して賛成と回答した84.96%であった。これは、ソンクラーン期間に多く訪れる外国人観光客にタイの伝統や文化を見せる絶好の機会となり、また文化を承継することに繋がるためである。

上記で述べた5県のほかには、バンコクを中心に12県の地域でも開催される。それは、チェンマイ県、ラムパーン県、スコータイ県、コーンケン県、ナコーンパノム県、ノーンカーイ県、スパンブリー県、アユタヤ県、チョンブリー県、サムットプラーカーン県、ソンクラー県内ハートヤイ郡 、プーケット県。それぞれの地域で開催されるイベントは異なるが、その地域の伝統的な料理やダンス等のパフォーマンスが行われる。


 Cr: http://www.js100.com/en/site/home/index

Pic Cr : http://www.js100.com/en/site/news/view/53961


こちらの記事も読まれています

      【タイ人材・採用コラム Vol.26 Jobsugoi.com 尾崎将範】「従業員教育プランの評価方法」

     タイ、eコマースに課税へ

     タイ正月「ソンクラーン」期間、公共交通機関の利用者数は前年比8.12%減の予想

    タイ国内のデータ通信量4年間で6倍に

     【タイ人材・採用コラム Vol.25 Jobsugoi.com 尾崎将範】「従業員教育プランの作り方②」  

  

週間ランキング

1    タイ正月「ソンクラーン」期間の延長、内閣に正式に承認される

2    タイ格安航空会社「ノックエア」遅延防止のため時刻表改正へ

3    東南アジアの観光支えるため、タイ地方空港の直行便就航の拡大目指す