ニュース

Home  > 配信ニュース一覧 > 日本の配電盤設備をタイのマーケットへ浸透させる。NITTO KOGYO TRADING(THAILAND)CO.,LTD.

  • ニュース

日本の配電盤設備をタイのマーケットへ浸透させる。NITTO KOGYO TRADING(THAILAND)CO.,LTD.

photo

 電気を効率よく安定的に配電するための設備が、分電盤や制御盤といった配電盤だ。こうした機器を通じて、電気と情報を明日へつなげるために、タイの地域社会に貢献している企業がある。愛知県長久手市に本社を置く1948年創業の日東工業(東証・名証一部上場)。その規模は連結売上高1,084億円、営業拠点37ヶ所、工場拠点国内7ヶ所、従業員数3,101名の企業だ。

日本水準の高品質&高耐久性でグローバルECO化社会に貢献

省スペースで、増し締め不良による発熱などの、トラブルも防止できるプラグインユニット式分電盤。これらの配電設備を標準品として市場へ投入をする等、この業界では名の知れ渡っている企業である。  関係者の誰もが一目置く独自の設計、高性能・高耐久性でタイ市場への浸透度は日に日に高まっている。

「一般的に人目につきにくく、関心の向けられにくい配電盤や、キャビネットといった設備機器ですが、これからの省エネ社会実現のためには欠かせないものです。当社独自開発の質の高い製品を導入することで、環境性能を高めた共生社会を実現することができます」。

こう力強く語るのはタイ現地法人「NITTO KOGYO TRADING (THAILAND)CO.,LTD.」社長の森一峰(もり かずみね)氏。「日本水準の高品質で耐久性の高い当社製品で、これからのグローバルECO化社会に貢献します」とも話す。

タイ初進出は2008年→本格参入は2015年

2000年代半ばより海外展開を本格化。タイ初進出は2008年、グループ会社のメーカー企業ELETTO (THAILAND) CO.,LTD.を開設することから始まった。ブレーカーを製造し、日本へ輸出するのが主な仕事で、タイ国内向け製品は代理店を通じて販売していた。

 タイ市場への本格参入は2015年9月から。販社法人としてのNITTO KOGYO TRADING (THAILAND)の設立がきっかけだった。 もともと輸入販売の実績があった、キャビネット類のカテゴリーに加え、規模拡大を目指すため日本で培ったノウハウを活かした、タイ向けの配電盤を開発・販売を計画。

顧客が要望する期待値を常に超える。コンサルティング型営業

日本人スタッフの増強や、タイ人スタッフを育成し配置することで、顧客の日本人にもタイ人にも対応できるサービス体制を充実させた。今ではタイ人スタッフの技術レベルも上がり、もともとあった日本での知名度と、タイでの地道な営業活動が実を結び、顧客からの引合いも増えていった。同年12月にはタイでの初出荷。

納入後にお客様からのさまざまな要求に対しても、専任スタッフが決め細やかな対応で最後までサポート。お客様の悩みをヒアリングした上で、解決策を提案するコンサルティング型の営業が、同社の営業力の強さの1つだ。       

顧客が要望する期待値を常に超える提案をすることが当社の持ち味。もちろんコストも考慮に入れた上で、ニーズを押さえたエンジニアリングサービスを行っています」と、森氏は続けた。

業界の垣根を越える。海外進出の思わぬメリット

 タイに進出するようになって、意外なところからも顧客は増えていった。日本国内だと電気系、機械系と業界内で棲み分けができているのが、いわば常識のこの世界。ところが、動いている案件が日本に比べて少ないタイにおいては、こうした業界の垣根を越えて互いに他の領域に入り込むため、あまり機会のなかった、機械系の顧客との繋がりが増えていった。これを機に日本でも関係が出来るなど「海外進出の思わぬメリットも」。        

タイ市場での現在の”一押し”は、銅バーに直接ブレーカを嵌め込むタイプのプラグインユニット式の配電盤。接触圧や電流値を考慮して設計された、クリップを嵌めるだけの簡単・省スペースな構造。従来のねじ留めタイプに比べて、ねじの締付け忘れや緩みといったリスクが無く発火や発熱の心配がないのが特徴。その扱いやすさで着実にタイ市場に浸透させていきたい。                 

今後の市況。自動車業界を中心に緩やかに改善

今後の市況については、自動車業界を中心に緩やかに改善していくと読む。それに伴い車載系の需要が増し、設備市場が勢いを回復していくとも。こうしたことから、部品メーカーやローカルのサプライヤーとの関係も強化していく方針だ。「今後はローカル市場におけるコネクションや関係構築が鍵となっていくだろう。営業力の強化がますます必要だ」。森氏はそう決意を語りインタビューを締めくくった。

【企業情報】

企業名:NITTO KOGYO TRADING (THAILAND)CO.,LTD.

住所: 56 Yada Building, 8th floor, Room No.802-803, Silom Road, Suriyawongse, Bangrak, Bangkok 10500, THAILAND


【お問い合わせはこちらから】

TEL:02-652-5156. FAX :+02-652-5157

こちらの記事も読まれています

製造業に特化したタイ最大規模の人材派遣企業「OS (Thailand)Co.,Ltd.」

タイの生産現場を日本品質のクリーンルームウエアで支える。BLASTON(THAILAND)CO.,LTD.

立体駐車場事業でASEANマーケットを開拓。SPACE VALUE (THAILAND) CO.,LTD.

「すぐ近くにあるのが嬉しいんです」日本人エンジニアによる情シス代行サービス( Delivery International Thai Co., Ltd. )

タイで失敗しない採用の秘訣。PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER(THAILAND) CO., LTD.